紛らわしい語

「以外」と「意外」の違い

投稿日:

「以外」と「意外」の意味の違い

【以外】 それを除いたほかの物事

【意外】 予想と違うこと

「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。

「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす語です。たとえば、「私以外」というときは、「私」を除いた人について言及することをあらわしています。

「意外」は、実際の結果が予想と違っていた驚きの感情を意味します。思いのほか、案外。

「以外」の使用例

  • 関係者以外立ち入り禁止
  • そうする以外に方法がない
  • それ以外の何物でもない〔=まさにそれそのものだ〕

「意外」の使用例

  • 意外な結果に驚く
  • 意外に(意外と)親切な人
  • 意外や意外〔=まったく意外なことに〕
  • 意外性(意外さ)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「履く」と「穿く」の違い

「履く」と「穿く」の意味の違い 【履く】 足先につける 【穿く】 下半身に身につける 「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。 「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。 靴 …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「平行」と「並行」の違い

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。 「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。 用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」 「並行」は …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …