紛らわしい語

「仮装」と「仮想」の違い

投稿日:

「仮装」と「仮想」の意味の違い

【仮装】 奇抜な姿を装うこと。

【仮想】 仮に想定すること。

「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。

「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう)をする意味。虚偽の外観という意味(法令用語)や、応急の装備(軍事用語)という意味で使われる場合もあります。

「仮想」は、仮にそうであるとして考えるという意味。コンピーター関係の用語に多く用いられます。

「仮装」の使用例

  • 仮装行列
  • 仮装敵国
  • 仮装舞踏会
  • 仮装衣装
  • 仮装大賞
  • 仮装グッズ
  • 仮想売買
  • 仮想巡洋艦

「仮想」の使用例

  • 仮想敵国
  • 仮想現実(=バーチャルリアリティー)
  • 仮想通貨
  • 仮想記憶
  • 仮想空間

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」と書くこともあります。英語に訳すと、wife、Mrs.になります。 もとは高貴な人の正妻を指す語でした。現在では、名字や役職名などに …