紛らわしい語

「仮装」と「仮想」の違い

投稿日:

「仮装」と「仮想」の意味の違い

【仮装】 奇抜な姿を装うこと。

【仮想】 仮に想定すること。

「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。

「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう)をする意味。虚偽の外観という意味(法令用語)や、応急の装備(軍事用語)という意味で使われる場合もあります。

「仮想」は、仮にそうであるとして考えるという意味。コンピーター関係の用語に多く用いられます。

「仮装」の使用例

  • 仮装行列
  • 仮装敵国
  • 仮装舞踏会
  • 仮装衣装
  • 仮装大賞
  • 仮装グッズ
  • 仮想売買
  • 仮想巡洋艦

「仮想」の使用例

  • 仮想敵国
  • 仮想現実(=バーチャルリアリティー)
  • 仮想通貨
  • 仮想記憶
  • 仮想空間

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …