紛らわしい語

「会心」と「改心」の違い

投稿日:

「会心」と「改心」の意味の違い

【会心】 満足する

【改心】 心を入れかえる

「会心」も「改心」も、ともにカイシンと読む同音異義語です。

「会心」は、思いどおりで十分に満足するという意味。「快心」と書くこともあります。

「改心」は、反省して心をあらためるという意味です。

なお、「回心(かいしん)」は、キリスト教で正しい信仰に入ること。「パウロの回心」

「会心」の使用例

  • 会心の作
  • 会心の笑み
  • 会心の友

「改心」の使用例

  • 改心して勉強に励む
  • 非行少年が改心を誓う

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「極限」と「局限」の違い

「極限」と「局限」の意味の違い 【極限】 物事のぎりぎりのところ 【局限】 範囲を限る 「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。 「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …