紛らわしい語

「利く」と「効く」の違い

投稿日:

「利く」と「効く」の意味の違い

【利く】 能力を十分に発揮する

【効く】 効能が現れる

「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。

「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶように役立たせることができるという意味です。機能。

「効く」は、効能・効き目が現れるという意味です。効果。

「利く」の使用例

  • 指先が利く
  • 鼻が利く
  • 顔が利く
  • 口を利く
  • 応用が利く
  • 機転が利く
  • 気が利く(気を利かす)
  • 無理が利く〔=できる〕

「効く」の使用例

  • 薬が効く
  • 宣伝が効く
  • つぶしが効く
  • 風刺が効く

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「形」と「型」の違い

「形」と「型」の意味の違い 【形】 物の姿かたち 【型】 何かをつくるもとになるもの 「形」と「型」とは、ともにカタと読む同音異義語です。 「形」は、物の姿、かたち、ありさまという意味です。フォーム。 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …