紛らわしい語

「努める」「務める」「勤める」の違い

投稿日:

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い

【努める】 努力する

【務める】 任務を果たす

【勤める】 勤務する

「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。

「努める」は、目的のためにがんばる、努力するという意味で、「勉める」とも書きます。

「務める」は、与えられた任務・役割を果たすという意味です。

「勤める」は、職に就いて働く、労働に従事するという意味です。

「努める」の使用例

  • 看病に努める
  • 解決に努める
  • 研究(開発)に努める
  • 泣くまいと努める

「務める」の使用例

  • 司会役(案内人)を務める
  • 大役(主役)を務める
  • 刑期を務める
  • 主婦の務め

「勤める」の使用例

  • 会社に勤める
  • 勤めに出る

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「平行」と「並行」の違い

「平行」と「並行」は、どちらもヘイコウと読む同音異義語です。 「平行」は、二つの線などが交わらないことを意味します。 用例:「平行四辺形」「鉄道に平行する道路」「議論は平行線のままである」 「並行」は …

no image

「油」と「脂」の違い

「油」と「脂」の意味の違い 【油】 常温で液体のあぶら 【脂】 常温で固体のあぶら あぶらは、植物・動物・鉱物からとれる燃えやすい有機物です。 あぶらのうち、常温で液体状のものを「油」、常温で固体状の …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …