紛らわしい語

「努める」「務める」「勤める」の違い

投稿日:

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い

【努める】 努力する

【務める】 任務を果たす

【勤める】 勤務する

「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。

「努める」は、目的のためにがんばる、努力するという意味で、「勉める」とも書きます。

「務める」は、与えられた任務・役割を果たすという意味です。

「勤める」は、職に就いて働く、労働に従事するという意味です。

「努める」の使用例

  • 看病に努める
  • 解決に努める
  • 研究(開発)に努める
  • 泣くまいと努める

「務める」の使用例

  • 司会役(案内人)を務める
  • 大役(主役)を務める
  • 刑期を務める
  • 主婦の務め

「勤める」の使用例

  • 会社に勤める
  • 勤めに出る

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い ふりこみ【振込】 他人の口座にお金を入れる。 ふりかえ【振替】 自分の口座間でお金を移動する。   私たちが銀行でよくする取引のなかに、「振込」と「振替」とい …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …