紛らわしい語

「勧める」と「薦める」の違い

投稿日:

勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。

薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいとしてそれを採用するように働きかけるという意味をあらわします。

「勧める」という語はある行為について言う場合に用いるのに対して、「薦める」という語は人や物について言う場合に用います。

たとえば、「読書」(=本を読むこと)という行為を対象とする場合には「勧める」を用いますが、具体的な物としての「本」ほ対象とする場合には「薦める」を用います。

ただし、「酒を勧める」「席を勧める」というように、相手に直接物を差し出してその飲食・使用を促す場合には、「勧める」のほうを用います。

 

用例

勧める:「入会を勧める」「読書を勧める」「立候補することを勧める」「省エネを勧める(奨める)」「食事を勧める」

薦める:「この辞書を薦める」「候補者として彼を薦める」「お薦め有望株」

 

類語

勧める:勧誘、勧奨、奨励

薦める:推薦、推挙、推奨

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「施工」と「施行」の違い

「施工」と「施行」の意味の違い 【施工】 工事を実際に行う 【施行】 法令の効力を発生させる 「施工」と「施行」は、ともにセコウあるいはシコウと読む同音異義語です。 「施工」は、工事や建築を実際に行う …