紛らわしい語

「勧める」と「薦める」の違い

投稿日:

勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。

薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいとしてそれを採用するように働きかけるという意味をあらわします。

「勧める」という語はある行為について言う場合に用いるのに対して、「薦める」という語は人や物について言う場合に用います。

たとえば、「読書」(=本を読むこと)という行為を対象とする場合には「勧める」を用いますが、具体的な物としての「本」ほ対象とする場合には「薦める」を用います。

ただし、「酒を勧める」「席を勧める」というように、相手に直接物を差し出してその飲食・使用を促す場合には、「勧める」のほうを用います。

 

用例

勧める:「入会を勧める」「読書を勧める」「立候補することを勧める」「省エネを勧める(奨める)」「食事を勧める」

薦める:「この辞書を薦める」「候補者として彼を薦める」「お薦め有望株」

 

類語

勧める:勧誘、勧奨、奨励

薦める:推薦、推挙、推奨

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い ふりこみ【振込】 他人の口座にお金を入れる。 ふりかえ【振替】 自分の口座間でお金を移動する。   私たちが銀行でよくする取引のなかに、「振込」と「振替」とい …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …