紛らわしい語

「即断」と「速断」の違い

投稿日:

「即断」と「速断」の意味の違い

【即断】 その場ですぐ決める

【速断】 急いで決める

「即断」と「速断」は、どちらもソクダンと読む同音異義語です。

「即断」は、その場ですぐに判断を下す意味です。

「速断」は、すばやく判断するという意味ですが、急いだために十分な思慮を欠く軽率な判断であるというニュアンスで用いられることが多い語です。

「即断」の使用例

  • 即断を願う(迫る)
  • 即断即決

「速断」の使用例

  • 速断を要する
  • 速断にすぎる
  • 速断を戒(いまし)める

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、人が作った物のうち販売することを目的として作られた品物を指します。 「商品」は、販売するために作られ、あるいは仕入れて陳 …

no image

「適用」と「摘要」の違い

「適用」と「摘要」の意味の違い 【適用】 当てはめて用いる。 【摘要】 要点の抜き書き。 「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。 「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当て …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …