紛らわしい語

「同士」と「同志」の違い

投稿日:

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。

「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。

用例:「男同士」「隣同士」「恋人同士」「かたき同士」「気の合った同士」「同士討ち〔打ち〕」

「同志」は、同じ主張・理想・目的をもつ人を意味します。

用例:「同志を募る」「同志愛」「革命の同志」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …

no image

「速い」と「早い」の違い

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。 「速い」は、動作がすみやか・急である、進行に要する時間が短いという意味です。 用例:「足が速い」「流れが速い」「仕事が速い」「回転が速い」「 …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、人が作った物のうち販売することを目的として作られた品物を指します。 「商品」は、販売するために作られ、あるいは仕入れて陳 …