紛らわしい語

「同志」と「同士」の違い

投稿日:

「同志」と「同士」の意味の違い

【同志】 同じ理想・目的を持つ人

【同士】 同じ仲間・種類

「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。

「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を意味する語です。志を同じくする者を呼ぶときなどに用いられます。

「同士」は、相互にそのような関係にあることを意味します。「いとこ同士」のように、接尾語的に用いられることが多い語です。

「同志」の使用例

  • 同志を募る
  • 同志愛
  • 革命同志

「同士」の使用例

  • 気の合った同士
  • 友達同士
  • となり同士
  • 男同士
  • 弱い者同士
  • 恋人同士
  • 同士打ち(同じ仲間が互いに争うこと)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …

no image

「履く」と「穿く」の違い

「履く」と「穿く」の意味の違い 【履く】 足先につける 【穿く】 下半身に身につける 「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。 「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。 靴 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …