紛らわしい語

「同志」と「同士」の違い

投稿日:

「同志」と「同士」の意味の違い

【同志】 同じ理想・目的を持つ人

【同士】 同じ仲間・種類

「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。

「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を意味する語です。志を同じくする者を呼ぶときなどに用いられます。

「同士」は、相互にそのような関係にあることを意味します。「いとこ同士」のように、接尾語的に用いられることが多い語です。

「同志」の使用例

  • 同志を募る
  • 同志愛
  • 革命同志

「同士」の使用例

  • 気の合った同士
  • 友達同士
  • となり同士
  • 男同士
  • 弱い者同士
  • 恋人同士
  • 同士打ち(同じ仲間が互いに争うこと)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「調整」と「調製」の違い

「調整」と「調製」の意味の違い 【調整】調子・過不足をととのえる 【調製】注文に応じて作る 「調整」も「調製」も、どちらもチョウセイと読む同音異義語です。 「調整」は、ぐあいの悪い部分を直したり過不足 …

no image

「交代」と「交替」の違い

「交代」と「交替」の意味の違い 【交代】 人が入れかわって役割を引き継ぐ 【交替】 仕事をかわり番こで行う 「交代」も「交替」も、ともにコウタイと読む同音異義語です。 「交代」は、ある人の役割を他の人 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介」と「媒体」の意味の違い 【媒介(ばいかい)】仲立ちをする働き 【媒体(ばいたい)】仲立ちをするもの 「媒介」は、二つのものの間に立って両者の間を仲立ちするという意味です。橋渡し、とりもち、きも …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …