紛らわしい語

「基準」と「規格」の違い

投稿日:

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。

「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。

「規格(きかく)」は、産業技術の分野において標準化のルールを定めたものです。各分野の規格がさまざまな標準化組織によって定められています。たとえば、工業製品についての規格としてISOやJISなどがあります。

「規格品」「規格化」「国際規格」「高規格」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「匂い(匂う)」と「臭い(臭う)」の違い

「匂い」(匂う)と「臭い(臭う)」の意味の違い 【匂い(匂う)】良いにおい 【臭い(臭う)】悪いにおい 「匂い(匂う)」と「臭い(匂う)」は、ともにニオイ(ニオウ)と読む同訓異字の語です。 「匂い(匂 …

no image

「油」と「脂」の違い

「油」と「脂」の意味の違い 【油】 常温で液体のあぶら 【脂】 常温で固体のあぶら あぶらは、植物・動物・鉱物からとれる燃えやすい有機物です。 あぶらのうち、常温で液体状のものを「油」、常温で固体状の …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな行動をしたり、ものごとが起こったりすることを意味します。「創(はじ)め」と書くこ …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …