紛らわしい語

「基準」と「規格」の違い

投稿日:

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。

「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。

「規格(きかく)」は、産業技術の分野において標準化のルールを定めたものです。各分野の規格がさまざまな標準化組織によって定められています。たとえば、工業製品についての規格としてISOやJISなどがあります。

「規格品」「規格化」「国際規格」「高規格」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」と書くこともあります。英語に訳すと、wife、Mrs.になります。 もとは高貴な人の正妻を指す語でした。現在では、名字や役職名などに …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …