紛らわしい語

「基準」と「規格」の違い

投稿日:

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。

「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。

「規格(きかく)」は、産業技術の分野において標準化のルールを定めたものです。各分野の規格がさまざまな標準化組織によって定められています。たとえば、工業製品についての規格としてISOやJISなどがあります。

「規格品」「規格化」「国際規格」「高規格」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …