紛らわしい語

「履く」と「穿く」の違い

投稿日:

「履く」と「穿く」の意味の違い

【履く】 足先につける

【穿く】 下半身に身につける

「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。

「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。

靴、下駄(げた)、足袋(たび)、スリッパなどの履物(はきもの)は「履く」。

「穿く」は、足をとおして下半身に衣類を身に着けるという意味です。「着く」と書くこともあります。

ズボン、スカート、ストッキング、はかま、パンツなどは「穿く」です。

靴下については、「履く」と「穿く」のどちらも用いられます。

「履く」の使用例

  • 靴を履く
  • スリッパを履く

「穿く」の使用例

  • ズボンを穿く
  • ストッキングを穿く

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …