紛らわしい語

「履く」と「穿く」の違い

投稿日:

「履く」と「穿く」の意味の違い

【履く】 足先につける

【穿く】 下半身に身につける

「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。

「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。

靴、下駄(げた)、足袋(たび)、スリッパなどの履物(はきもの)は「履く」。

「穿く」は、足をとおして下半身に衣類を身に着けるという意味です。「着く」と書くこともあります。

ズボン、スカート、ストッキング、はかま、パンツなどは「穿く」です。

靴下については、「履く」と「穿く」のどちらも用いられます。

「履く」の使用例

  • 靴を履く
  • スリッパを履く

「穿く」の使用例

  • ズボンを穿く
  • ストッキングを穿く

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …

no image

「回答」と「解答」の違い

「回答」と「解答」は、ともにカイトウと読む同音異義語です。 「回答」は、質問・要望に対してなんらかの返事をすることを意味します。「回答を求める」「アンケートの回答」「会社からの回答」「ゼロ回答」などの …