紛らわしい語

「履く」と「穿く」の違い

投稿日:

「履く」と「穿く」の意味の違い

【履く】 足先につける

【穿く】 下半身に身につける

「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。

「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。

靴、下駄(げた)、足袋(たび)、スリッパなどの履物(はきもの)は「履く」。

「穿く」は、足をとおして下半身に衣類を身に着けるという意味です。「着く」と書くこともあります。

ズボン、スカート、ストッキング、はかま、パンツなどは「穿く」です。

靴下については、「履く」と「穿く」のどちらも用いられます。

「履く」の使用例

  • 靴を履く
  • スリッパを履く

「穿く」の使用例

  • ズボンを穿く
  • ストッキングを穿く

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。 「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。 用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」 「捜す」は、見え …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …