紛らわしい語

「履く」と「穿く」の違い

投稿日:

「履く」と「穿く」の意味の違い

【履く】 足先につける

【穿く】 下半身に身につける

「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。

「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。

靴、下駄(げた)、足袋(たび)、スリッパなどの履物(はきもの)は「履く」。

「穿く」は、足をとおして下半身に衣類を身に着けるという意味です。「着く」と書くこともあります。

ズボン、スカート、ストッキング、はかま、パンツなどは「穿く」です。

靴下については、「履く」と「穿く」のどちらも用いられます。

「履く」の使用例

  • 靴を履く
  • スリッパを履く

「穿く」の使用例

  • ズボンを穿く
  • ストッキングを穿く

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「意志」と「意思」の違い

「意志」と「意思」は、ともにイシと読む同音異義語です。 「意志」は、なにかをやり遂げよう、あるいはすまいとする気持ちを意味します。単なる考えや思いではなく、積極的な心のあり方を指します。「意志が強い〔 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …