紛らわしい語

「必至」と「必死」の違い

投稿日:

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。

 

「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。

用例:「倒産は必至だ」

類語:必然

 

「必死」は、(死ぬ覚悟で)全力をつくすという意味です。

用例:「必死に逃げる」「必死の努力〔形相〕」

類語:死に物狂い

 

〔将棋で〕次の手で必ず詰みになる形。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介(ばいかい)」は、二つのものの間に立って両者の関係をとりもつことです。 類義語に、「なかだち」「橋渡し」「とりもち」「きもいり」などがあります。 「蚊がマラリアを媒介する」「情報伝達を媒介する神 …

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …

no image

「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い 「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。 【仕分(け)】 区分・分類する 【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること どちらも、物事についての区 …