紛らわしい語

「感心」と「関心」の違い

投稿日:

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。

「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。

用例:「礼儀正しい態度に感心する」「親思いの感心な子」

「関心」は、物事に気をかけること、興味を持つことを意味します。

用例:「関心が高い〔低い〕」「関心を持つ〔抱く/示す〕」「関心事(かんしんじ)」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介」と「媒体」の意味の違い 【媒介(ばいかい)】仲立ちをする働き 【媒体(ばいたい)】仲立ちをするもの 「媒介」は、二つのものの間に立って両者の間を仲立ちするという意味です。橋渡し、とりもち、きも …

no image

「自制」と「自省」の違い

「自制」と「自省」の意味の違い 【自制】 感情・欲望を抑える 【自省】 自らを反省する 「自制」と「自省」とは、ともにジセイと読む同音異義語です。 「自制」は、自分の感情や欲望を抑えるという意味です。 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …