紛らわしい語

「技」と「業」の違い

投稿日:

「技」と「業」の意味の違い

【技】 技術、腕前

【業】 行い、仕事

「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。

「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技能を意味します。

「業」は、技能を持ったものがする行い、仕事を意味します。

ある仕事をするための技術・能力が「技」、その仕事自体が「業」ということになります。

「技」には、柔道や相撲などで相手にかける術という意味もあります。

「技」の使用例

  • 技を競う(みがく)
  • 柔道の技
  • 技をかける
  • 技がきまる
  • 寝技(ねわざ)

「業」の使用例

  • 人間業
  • 神業
  • 貧困のなせる業
  • 容易な業ではない
  • 至難の業
  • 軽業師

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「絞る」と「搾る」の違い

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。 「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。 ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …