紛らわしい語

「技」と「業」の違い

投稿日:

「技」と「業」の意味の違い

【技】 技術、腕前

【業】 行い、仕事

「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。

「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技能を意味します。

「業」は、技能を持ったものがする行い、仕事を意味します。

ある仕事をするための技術・能力が「技」、その仕事自体が「業」ということになります。

「技」には、柔道や相撲などで相手にかける術という意味もあります。

「技」の使用例

  • 技を競う(みがく)
  • 柔道の技
  • 技をかける
  • 技がきまる
  • 寝技(ねわざ)

「業」の使用例

  • 人間業
  • 神業
  • 貧困のなせる業
  • 容易な業ではない
  • 至難の業
  • 軽業師

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「文書」と「文章」の違い

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと 文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの   「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子 …