紛らわしい語

「技」と「業」の違い

投稿日:

「技」と「業」の意味の違い

【技】 技術、腕前

【業】 行い、仕事

「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。

「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技能を意味します。

「業」は、技能を持ったものがする行い、仕事を意味します。

ある仕事をするための技術・能力が「技」、その仕事自体が「業」ということになります。

「技」には、柔道や相撲などで相手にかける術という意味もあります。

「技」の使用例

  • 技を競う(みがく)
  • 柔道の技
  • 技をかける
  • 技がきまる
  • 寝技(ねわざ)

「業」の使用例

  • 人間業
  • 神業
  • 貧困のなせる業
  • 容易な業ではない
  • 至難の業
  • 軽業師

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …