紛らわしい語

「捌く」と「裁く」の違い

投稿日:2017年5月24日 更新日:

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。

「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。

用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」

「裁く」は、善悪・理非についての判断を下すという意味です。とくに裁判官が事件についてする判断について用います。

用例:「罪/人を裁く」「公平に裁く」「法の裁きを受ける」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。 「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。 用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」 「捜す」は、見え …

no image

「検診」と「健診」の違い

「検診」と「健診」の意味の違い 【検診】 病気の有無を調べる 【健診】 健康状態を調べる 「検診」も「健診」も、ともにケンシンと読む同音異義語です。 「検診」は、特定の(部位の)病気が有るかどうかを調 …

no image

「以下」と「未満」の違い

「以下」と「未満」の意味の違い 【以下(いか)】それと同じまたは小さい 【未満(みまん)】それより小さい 「以下」も「未満」も、ある基準となる数値よりも小さい・少ないことを表します。 ただし、「以下」 …