紛らわしい語

「捌く」と「裁く」の違い

投稿日:2017年5月24日 更新日:

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。

「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。

用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」

「裁く」は、善悪・理非についての判断を下すという意味です。とくに裁判官が事件についてする判断について用います。

用例:「罪/人を裁く」「公平に裁く」「法の裁きを受ける」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い ふりこみ【振込】 他人の口座にお金を入れる。 ふりかえ【振替】 自分の口座間でお金を移動する。   私たちが銀行でよくする取引のなかに、「振込」と「振替」とい …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介(ばいかい)」は、二つのものの間に立って両者の関係をとりもつことです。 類義語に、「なかだち」「橋渡し」「とりもち」「きもいり」などがあります。 「蚊がマラリアを媒介する」「情報伝達を媒介する神 …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …