紛らわしい語

「探す」と「捜す」の違い

投稿日:

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。

「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。

用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」

「捜す」は、見えなくなったものを尋ね調べるときに用います。

用例:「迷子を捜す」「犯人を捜す」「落とし物を探す」「身元捜し」

 

たとえば、「本を探す」は、目当ての本をこれから追い求めることを意味します。

これに対して、「本を捜す」は、無くした本を見つけ出すことを意味します。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」と書くこともあります。英語に訳すと、wife、Mrs.になります。 もとは高貴な人の正妻を指す語でした。現在では、名字や役職名などに …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …