紛らわしい語

「探す」と「捜す」の違い

投稿日:

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。

「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。

用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」

「捜す」は、見えなくなったものを尋ね調べるときに用います。

用例:「迷子を捜す」「犯人を捜す」「落とし物を探す」「身元捜し」

 

たとえば、「本を探す」は、目当ての本をこれから追い求めることを意味します。

これに対して、「本を捜す」は、無くした本を見つけ出すことを意味します。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「開放」と「解放」の違い

「開放」と「解放」は、ともにカイホウと読む同音異義語です。 「開放」は、門などを開けて自由な出入りを許すことです。「門戸を開放する」「開放的な性格」「開放厳禁」「市場開放」などのように用います。対義語 …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …

no image

「回答」と「解答」の違い

「回答」と「解答」は、ともにカイトウと読む同音異義語です。 「回答」は、質問・要望に対してなんらかの返事をすることを意味します。「回答を求める」「アンケートの回答」「会社からの回答」「ゼロ回答」などの …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …