紛らわしい語

「文書」と「文章」の違い

投稿日:2017年5月21日 更新日:

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと

文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの

 

「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子的な方法による記録媒体なども意味します。

「文章」は、言葉によってまとまった内容をあらわすものであれば、小説、論文、随筆、詩、短歌などすべてこれに含まれます。

 

「文書」の用例

「文書作成」「文書偽造」「文書管理」「文書を整理する/提出する/保存する/印刷する」「ビジネス文書」「公文書」「私文書」「外交文書」

 

「文章」の用例

「文章力」「文章量」「文章法」「文章家」「文章読本」「文章校正」「文章読解」「文章問題」「文章表現」「文章が上手い/おかしい/くどい/長い/やわらかい」「文章を書く/直す/見直す/削る/推敲する/締める/結ぶ/翻訳する/要約する/引用する」

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介(ばいかい)」は、二つのものの間に立って両者の関係をとりもつことです。 類義語に、「なかだち」「橋渡し」「とりもち」「きもいり」などがあります。 「蚊がマラリアを媒介する」「情報伝達を媒介する神 …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「絞る」と「搾る」の違い

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。 「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。 ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾 …