紛らわしい語

「時期」「時季」「時期」の違い

投稿日:

「時期」「時季」「時機」の意味の違い

【時期】 時、期間

【時季】 季節、シーズン

【時機】 機会、チャンス

「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。

「時期」は、何かをするための短い時間の区分。そのことをするための状況や条件が整っているような期間を指すときは、「時機」とほぼ同じ意味です。

「時季」は、一年のうちで、時々の季節を感じさせる景物が現れる期間。時節。

「時機」は、何かをするのにちょうど適した時。チャンス。

「時期」の使用例

  • 時期が早すぎる
  • 時期が悪い
  • 田植の時期
  • 時期尚早
  • 難しい時期に差し掛かる

「時季」の使用例

  • 行楽の時季
  • 時季の野菜
  • 時季外れの台風

「時機」の使用例

  • 時機(時期)を見て話す
  • 時機を待つ(うかがう)
  • 時機を逃す(逸する・失する)
  • 時機到来
  • 絶好の時機

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「絞る」と「搾る」の違い

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。 「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。 ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾 …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …