紛らわしい語

「時期」「時季」「時期」の違い

投稿日:

「時期」「時季」「時機」の意味の違い

【時期】 時、期間

【時季】 季節、シーズン

【時機】 機会、チャンス

「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。

「時期」は、何かをするための短い時間の区分。そのことをするための状況や条件が整っているような期間を指すときは、「時機」とほぼ同じ意味です。

「時季」は、一年のうちで、時々の季節を感じさせる景物が現れる期間。時節。

「時機」は、何かをするのにちょうど適した時。チャンス。

「時期」の使用例

  • 時期が早すぎる
  • 時期が悪い
  • 田植の時期
  • 時期尚早
  • 難しい時期に差し掛かる

「時季」の使用例

  • 行楽の時季
  • 時季の野菜
  • 時季外れの台風

「時機」の使用例

  • 時機(時期)を見て話す
  • 時機を待つ(うかがう)
  • 時機を逃す(逸する・失する)
  • 時機到来
  • 絶好の時機

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、人が作った物のうち販売することを目的として作られた品物を指します。 「商品」は、販売するために作られ、あるいは仕入れて陳 …

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …