紛らわしい語

「時期」「時季」「時期」の違い

投稿日:

「時期」「時季」「時機」の意味の違い

【時期】 時、期間

【時季】 季節、シーズン

【時機】 機会、チャンス

「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。

「時期」は、何かをするための短い時間の区分。そのことをするための状況や条件が整っているような期間を指すときは、「時機」とほぼ同じ意味です。

「時季」は、一年のうちで、時々の季節を感じさせる景物が現れる期間。時節。

「時機」は、何かをするのにちょうど適した時。チャンス。

「時期」の使用例

  • 時期が早すぎる
  • 時期が悪い
  • 田植の時期
  • 時期尚早
  • 難しい時期に差し掛かる

「時季」の使用例

  • 行楽の時季
  • 時季の野菜
  • 時季外れの台風

「時機」の使用例

  • 時機(時期)を見て話す
  • 時機を待つ(うかがう)
  • 時機を逃す(逸する・失する)
  • 時機到来
  • 絶好の時機

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …