紛らわしい語

「最後」と「最期」の違い

投稿日:

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。

「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」「最後通牒(さいごつうちょう)」など。対義語は「最初」。

「最期」は、命が尽きる時、死に際という意味です。ある期間の一番うしろという意味では「最後」と同じですが、とくに人生や国の歴史など、そのものについてたった一度しかない終末をあらわすときに用います。「最期を遂げる」「最期を看取る(みとる)」「帝国の最期」など。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「沿う」と「添う」の違い

「沿う」と「添う」の意味の違い 【沿う】 流れに続く、したがう 【添う】 そばにいる、加わる 「沿う」と「添う」は、どちらもソウと読む同訓異字の語です。 「沿う」は、長く続くものに離れない状態を保つと …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「預金」と「貯金」の違い

「預金」とは、お金を預(あず)けること、または預けたお金のこと。 「貯金」とは、お金を貯(た)めること、または貯めたお金のことを意味します。   「預金」はお金をあずけるという意味ですが、ふ …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …