紛らわしい語

「検診」と「健診」の違い

投稿日:

「検診」と「健診」の意味の違い

【検診】 病気の有無を調べる

【健診】 健康状態を調べる

「検診」も「健診」も、ともにケンシンと読む同音異義語です。

「検診」は、特定の(部位の)病気が有るかどうかを調べるために診察することを意味します。

「健診」は、「健康診断」の略で、人の健康状態を総合的に評価することによって、生活習慣病の予防や病気の早期発見に役立てようとするものです。

「検診」の使用例

  • 胃の集団検診
  • 乳がん検診

「健診」の使用例

  • 定期健診
  • 乳幼児健診

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「代える(代わる)」「変える(変わる)」「替える(替わる)」「換える(換わる)」の違い

「代える」「替える」「変える」「換える」の意味の違い 【代える(代わる)】 ある役割を他の人・物にさせる 【変える(変わる)】 前と違った状態にする 【替える(替わる)】 新しいものにする 【換える( …

no image

「形」と「型」の違い

「形」と「型」の意味の違い 【形】 物の姿かたち 【型】 何かをつくるもとになるもの 「形」と「型」とは、ともにカタと読む同音異義語です。 「形」は、物の姿、かたち、ありさまという意味です。フォーム。 …

no image

「渇く」と「乾く」の違い

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。 「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。 用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」 「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」 …

no image

「利く」と「効く」の違い

「利く」と「効く」の意味の違い 【利く】 能力を十分に発揮する 【効く】 効能が現れる 「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。 「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶ …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな行動をしたり、ものごとが起こったりすることを意味します。「創(はじ)め」と書くこ …