紛らわしい語

「正当」と「正統」の違い

投稿日:

「正当」と「正統」の意味の違い

【正当】道理にかなっている

【正統】正しく受け継いでいる

「正当」も「正統」も、どちらもセイトウと読む同音異義語です。

「正当」は、正しく道理に適(かな)っていることを意味します。対義語は「不当(ふとう)」。

「正統」は、創始者の直系の系統・血筋にあたることですが、そこから、伝統を正しく受け継ぐ、本来の様式を忠実に伝えるようすを意味します。対義語は「異端(いたん)」。

「正当」の使用例

  • 正当な理由
  • 正当性・正当化
  • 正当防衛

「正統」の使用例

  • 正統な後継者
  • 南朝を正統とする理由
  • 正統な芸風
  • 正統派の教義
  • テキーラの正統な飲み方

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …

no image

「合う」「会う」「遭う」の違い

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い 【合う】一致する、調和する 【会う】人と対面する、集まる 【遭う】好ましくないことを経験する 「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。 「 …

no image

「預金」と「貯金」の違い

「預金」と「貯金」の意味の違い 【預金(よきん)】お金を預(あず)ける 【貯金(ちょきん)】お金を貯(た)める 「預金」は、お金を預ける、または預けたお金という意味です。ふつうは銀行などの金融機関にお …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …