紛らわしい語

「決済」と「決裁」の違い

投稿日:

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。

「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンスであるのに対して、「決済」は金銭授受によって取引関係を終わらせるというニュアンスがある点で異なります。「決済期限」「現金で決済する」「決済日」「電子決済」など。

「決裁」は、権限のある者が部下の案に対して可否を決めることを意味します。「決裁を仰ぐ」「社長の決裁がおりる」「重要案件を決裁する」など。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「町」と「街」の違い

「町」は、多くの家々が密集している地域を指します。都会の意味です。英語に訳すとcity、townです。 「町」という語は、市や村と並ぶ地方公共団体の一つや、市や区をさらに分けた区画を意味することもあり …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介(ばいかい)」は、二つのものの間に立って両者の関係をとりもつことです。 類義語に、「なかだち」「橋渡し」「とりもち」「きもいり」などがあります。 「蚊がマラリアを媒介する」「情報伝達を媒介する神 …