紛らわしい語

「決済」と「決裁」の違い

投稿日:

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。

「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンスであるのに対して、「決済」は金銭授受によって取引関係を終わらせるというニュアンスがある点で異なります。「決済期限」「現金で決済する」「決済日」「電子決済」など。

「決裁」は、権限のある者が部下の案に対して可否を決めることを意味します。「決裁を仰ぐ」「社長の決裁がおりる」「重要案件を決裁する」など。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い 「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。 【仕分(け)】 区分・分類する 【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること どちらも、物事についての区 …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「預金」と「貯金」の違い

「預金」とは、お金を預(あず)けること、または預けたお金のこと。 「貯金」とは、お金を貯(た)めること、または貯めたお金のことを意味します。   「預金」はお金をあずけるという意味ですが、ふ …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …