紛らわしい語

「決済」と「決裁」の違い

投稿日:

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。

「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンスであるのに対して、「決済」は金銭授受によって取引関係を終わらせるというニュアンスがある点で異なります。「決済期限」「現金で決済する」「決済日」「電子決済」など。

「決裁」は、権限のある者が部下の案に対して可否を決めることを意味します。「決裁を仰ぐ」「社長の決裁がおりる」「重要案件を決裁する」など。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「利く」と「効く」の違い

「利く」と「効く」の意味の違い 【利く】 能力を十分に発揮する 【効く】 効能が現れる 「利く」と「効く」とは、ともにキクと読む同訓異字の語です。 「利く」は、能力が十分に発揮される、物事がうまく運ぶ …

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、人が作った物のうち販売することを目的として作られた品物を指します。 「商品」は、販売するために作られ、あるいは仕入れて陳 …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「極限」と「局限」の違い

「極限」と「局限」の意味の違い 【極限】 物事のぎりぎりのところ 【局限】 範囲を限る 「極限」も「局限」も、ともにキョクゲンと読む同音異義語です。 「極限」は、物事が到達するぎりぎりのところという意 …