紛らわしい語

「沿う」と「添う」の違い

投稿日:

「沿う」と「添う」の意味の違い

【沿う】 流れに続く、したがう

【添う】 そばにいる、加わる

「沿う」と「添う」は、どちらもソウと読む同訓異字の語です。

「沿う」は、長く続くものに離れない状態を保つという意味です。そこから方針や基準にしたがうという意味でも用いられます。

「添う」は、そばに離れずにいるとい意味です。そこから、あるものに別のものが加わるという意味でも用いられます。

「沿う」の使用例

  • 大通りに沿って歩く
  • 川に沿う
  • 会社の方針に沿う
  • 意向(期待)に沿う(添う)

「添う」の使用例

  • 二人で寄り添う
  • 連れ添う〔=夫婦になる〕
  • 買い物に付き添う
  • 影の形に添う(ごとく・ように)〔=影のように、いつも離れないこと〕
  • 趣が添う 〔=増す〕
  • 資料を添える

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「文書」と「文章」の違い

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと 文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの   「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子 …

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …

no image

「初め」と「始め」の違い

「初(はじ)め」は、ある期間の早い段階、ものごとの最初という意味をあらわします。 「始(はじ)め」は、ある時点から新たな行動をしたり、ものごとが起こったりすることを意味します。「創(はじ)め」と書くこ …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …