紛らわしい語

「沿う」と「添う」の違い

投稿日:

「沿う」と「添う」の意味の違い

【沿う】 流れに続く、したがう

【添う】 そばにいる、加わる

「沿う」と「添う」は、どちらもソウと読む同訓異字の語です。

「沿う」は、長く続くものに離れない状態を保つという意味です。そこから方針や基準にしたがうという意味でも用いられます。

「添う」は、そばに離れずにいるとい意味です。そこから、あるものに別のものが加わるという意味でも用いられます。

「沿う」の使用例

  • 大通りに沿って歩く
  • 川に沿う
  • 会社の方針に沿う
  • 意向(期待)に沿う(添う)

「添う」の使用例

  • 二人で寄り添う
  • 連れ添う〔=夫婦になる〕
  • 買い物に付き添う
  • 影の形に添う(ごとく・ように)〔=影のように、いつも離れないこと〕
  • 趣が添う 〔=増す〕
  • 資料を添える

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「同士」と「同志」の違い

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同士」は、同じ種類・性質であることを意味します。接尾語的に用いてお互いにそういう関係にあることを示します。 用例:「男同士」「隣同士」「恋 …

no image

「開放」と「解放」の違い

「開放」と「解放」は、ともにカイホウと読む同音異義語です。 「開放」は、門などを開けて自由な出入りを許すことです。「門戸を開放する」「開放的な性格」「開放厳禁」「市場開放」などのように用います。対義語 …

no image

「渇く」と「乾く」の違い

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。 「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。 用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」 「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」 …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …