紛らわしい語

「渇く」と「乾く」の違い

投稿日:

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。

「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。

用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」

「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」。

用例:「洗濯物が乾く」「乾きが早い」「舌の根の乾かぬうちに(=言い終わるか終わらないうちに)」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「絞る」と「搾る」の違い

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。 「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。 ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「文書」と「文章」の違い

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと 文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの   「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子 …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …