紛らわしい語

「渇く」と「乾く」の違い

投稿日:

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。

「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。

用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」

「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」。

用例:「洗濯物が乾く」「乾きが早い」「舌の根の乾かぬうちに(=言い終わるか終わらないうちに)」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「感心」と「関心」の違い

「感心」と「関心」は、どちらもカンシンと読む同音異義語です。 「感心」は、何かに対してほめたい気持ちになることを意味します。類義語に感服、感動、感銘、脱帽、瞠目など。 用例:「礼儀正しい態度に感心する …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …