紛らわしい語

「生む」と「産む」の違い

投稿日:

「生む」と「産む」の意味の違い

【生む】 新しく作り出す

【産む】 母体が子・卵を体外に出す

「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。

「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出す、生じさせるという意味です。誕生、生成、発生など。

「産む」は、母体が胎児や卵を体外に排出すること(分娩)を意味します。出産、産卵など。「生む」をこの意味で用いる場合もあります。

「生む」の使用例

  • 傑作を生む
  • よい結果を生む
  • 利益を生む
  • 誤解を生む
  • 天才が生まれる
  • 時代が生んだ熱狂
  • 生まれ変わる
  • 生まれ故郷
  • 生まれたて
  • 生まれつき
  • 生まれながら

「産む」の使用例

  • 子を産む
  • 卵を産み落とす
  • 産みの苦しみ

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「最後」と「最期」の違い

「最後」と「最期」は、ともにサイゴと読む同音異義語です。 「最後」は、いくつか続いている物事のもっともあと・うしろという意味。用例として、「行列の最後」「最後の晩餐(ばんさん)」「人生最後のチャンス」 …

no image

「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い 「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。 【仕分(け)】 区分・分類する 【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること どちらも、物事についての区 …

no image

「賠償」と「補償」の違い

「賠償」と「補償」の意味の違い 【賠償】 違法行為による損害をつぐなう 【補償】 適法行為による損害をおぎなう 「賠償」と「補償」とは、似たような意味で混同しやすい語です。 「賠償」は、バイショウと読 …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「偏在」と「遍在」の違い

「偏在」と「遍在」の意味の違い 【偏在】 かたよって存在する 【遍在】 あまねく存在する 「偏在」も「遍在」も、ともにヘンザイと読む同音異義語です。 「偏在」は、ある場所にだけ存在する、かたよって存在 …