紛らわしい語

「異常」と「異状」の違い

投稿日:

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。

「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。

「異常」を用いる例として、「異常が生じる」「異常をきたす」「異常な雰囲気」「異常気象」「異常事態」「異常性」など。

「異状」を用いる例として、「異状を訴える」「異状無し」など。

-紛らわしい語

執筆者:

関連記事

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「夫人」と「婦人」の違い

「夫人」は、他人の妻に対する敬称です。手紙文では、「令(れい)夫人」と書くこともあります。英語に訳すと、wife、Mrs.になります。 もとは高貴な人の正妻を指す語でした。現在では、名字や役職名などに …

no image

「排出」と「輩出」の違い

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。 「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出すことを意味します。生物が体内の老廃物を外に出すことをとくに「排泄(はいせつ)」と言います。 …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介(ばいかい)」は、二つのものの間に立って両者の関係をとりもつことです。 類義語に、「なかだち」「橋渡し」「とりもち」「きもいり」などがあります。 「蚊がマラリアを媒介する」「情報伝達を媒介する神 …

no image

「製品」と「商品」の違い

「製品」は、原料や材料を加工して作られた物を意味します。単なる「作品」ではなく、人が作った物のうち販売することを目的として作られた品物を指します。 「商品」は、販売するために作られ、あるいは仕入れて陳 …