紛らわしい語

「異義」と「異議」の違い

投稿日:

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。

「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。

「異議」は、反対の意見という意味をあらわします。「異議を唱える〔さしはさむ〕」「異議なし」など。同義語として、「異論・異見・異存・反論・疑義」など。

(法律用語)裁判所や相手方などの行為に対して不服の意思表示をすること。「異議申し立て」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「意志」と「意思」の違い

「意志」と「意思」は、ともにイシと読む同音異義語です。 「意志」は、なにかをやり遂げよう、あるいはすまいとする気持ちを意味します。単なる考えや思いではなく、積極的な心のあり方を指します。「意志が強い〔 …

no image

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。 「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。 用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」 「捜す」は、見え …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「渇く」と「乾く」の違い

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。 「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。 用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」 「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」 …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …