紛らわしい語

「異義」と「異議」の違い

投稿日:

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。

「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。

「異議」は、反対の意見という意味をあらわします。「異議を唱える〔さしはさむ〕」「異議なし」など。同義語として、「異論・異見・異存・反論・疑義」など。

(法律用語)裁判所や相手方などの行為に対して不服の意思表示をすること。「異議申し立て」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「遅れる」と「後れる」の違い

「遅れる」と「後れる」の意味の違い 【遅れる】 間に合わない、おそくなる 【後れる】 他のもののあとになる 「遅れる」も「後れる」も、ともにオクレルと読む同訓異字の語です。 「遅れる」は、決められた時 …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …