紛らわしい語

「発行」と「発効」の違い

投稿日:

「発行」と「発効」の意味の違い

【発行】 印刷する、作る

【発効】 効力が発生する

「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。

「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは証明書・証券や紙幣などを作って通用させるという意味です。

「発効」は、条約や契約などの効力が発生するという意味です。

「発行」の使用例

  • 雑誌(パスポート)を発行する
  • 発行所
  • 再発行
  • 発行部数

「発効」の使用例

  • 条約が発効する
  • 契約の発効時期

「発行」と「発刊」との違い

「発行」と似たような意味の語として「発刊」があります。

「発刊」も本などを印刷して世に広めるという意味ですが、その刊行物をはじめて出す場合のみにかぎられます。

2度目以降は「発行」あるいは「刊行」を用いることになります。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い ふりこみ【振込】 他人の口座にお金を入れる。 ふりかえ【振替】 自分の口座間でお金を移動する。   私たちが銀行でよくする取引のなかに、「振込」と「振替」とい …

no image

「以外」と「意外」の違い

「以外」と「意外」の意味の違い 【以外】 それを除いたほかの物事 【意外】 予想と違うこと 「以外」と「意外」は、どちらもイガイと読む同音異義語です。 「以外」は、ある物事を除いてという意味をあらわす …

no image

「媒介」と「媒体」の違い

「媒介(ばいかい)」は、二つのものの間に立って両者の関係をとりもつことです。 類義語に、「なかだち」「橋渡し」「とりもち」「きもいり」などがあります。 「蚊がマラリアを媒介する」「情報伝達を媒介する神 …

no image

「速い」と「早い」の違い

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。 「速い」は、動作がすみやか・急である、進行に要する時間が短いという意味です。 用例:「足が速い」「流れが速い」「仕事が速い」「回転が速い」「 …