紛らわしい語

「発行」と「発効」の違い

投稿日:

「発行」と「発効」の意味の違い

【発行】 印刷する、作る

【発効】 効力が発生する

「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。

「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは証明書・証券や紙幣などを作って通用させるという意味です。

「発効」は、条約や契約などの効力が発生するという意味です。

「発行」の使用例

  • 雑誌(パスポート)を発行する
  • 発行所
  • 再発行
  • 発行部数

「発効」の使用例

  • 条約が発効する
  • 契約の発効時期

「発行」と「発刊」との違い

「発行」と似たような意味の語として「発刊」があります。

「発刊」も本などを印刷して世に広めるという意味ですが、その刊行物をはじめて出す場合のみにかぎられます。

2度目以降は「発行」あるいは「刊行」を用いることになります。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「油」と「脂」の違い

「油」と「脂」の意味の違い 【油】 常温で液体のあぶら 【脂】 常温で固体のあぶら あぶらは、植物・動物・鉱物からとれる燃えやすい有機物です。 あぶらのうち、常温で液体状のものを「油」、常温で固体状の …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「絞る」と「搾る」の違い

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。 「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。 ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾 …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「振込」と「振替」の違い

「振込」と「振替」の意味の違い ふりこみ【振込】 他人の口座にお金を入れる。 ふりかえ【振替】 自分の口座間でお金を移動する。   私たちが銀行でよくする取引のなかに、「振込」と「振替」とい …