紛らわしい語

「省みる」と「顧みる」の違い

投稿日:

「省みる」と「顧みる」の意味の違い

【省みる】 自分の言動についてかんがえる

【顧みる】 振り返る、気にかける

「省みる」も「顧みる」も、ともにカエリミルと読む同訓異字の語です。

「省みる」は、自分のした言動やふだんの在り方について可否をかんがえるという意味です。反省。

「顧みる」は、自分が通り過ぎた後を振り返るという意味で、そこから、昔を思う、気にかける、世話をするという意味でも用いられます。回顧、顧慮など。

「省みる」の使用例

  • わが身を省みる
  • 浅慮を省みる

「顧みる」の使用例

  • 背後を顧みる
  • 歴史を顧みる
  • 身の危険も顧みず飛び込む
  • 家庭を顧みる余裕がない

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「配付」と「配布」の違い

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。 「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。 用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」 「配 …

no image

「沿う」と「添う」の違い

「沿う」と「添う」の意味の違い 【沿う】 流れに続く、したがう 【添う】 そばにいる、加わる 「沿う」と「添う」は、どちらもソウと読む同訓異字の語です。 「沿う」は、長く続くものに離れない状態を保つと …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …