紛らわしい語

「破断」と「破談」の違い

投稿日:

「破断」と「破談」の意味の違い

【破断】 金属製の物が断ち切れる。

【破談】 約束・縁談が取り消される。

「破断」も「破談」も、どちらもハダンと読む同音異義語です。

「破断」は、金属製の部品・材料が疲労や衝撃によって千切れてしまう意味。破壊。

「破談」は、いったんまとまった約束や縁談が取消しになる意味で使われます。

「破断」の使用例

  • ボルトが荷重に耐え切れずに破断した。

「破談」の使用例

  • 大きな商談が破談した。
  • 結婚が直前になって破談した。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「預金」と「貯金」の違い

「預金」とは、お金を預(あず)けること、または預けたお金のこと。 「貯金」とは、お金を貯(た)めること、または貯めたお金のことを意味します。   「預金」はお金をあずけるという意味ですが、ふ …