紛らわしい語

「絞る」と「搾る」の違い

投稿日:

「絞る」と「搾る」は、どちらもシボルと読む異字同訓語です。

「絞る」も「搾る」も、ともにねじったり圧迫したりして液体を取り出すことを意味します。

ねじる・しめるときは「絞る」を用い、圧迫するときは「搾る」を用いる傾向があります。

用例:「雑巾を絞る」「袖を絞る」「知恵を絞る」「牛乳/油を搾る」「税金を搾り取る」

「絞る」には広がっているものの範囲を狭める意味もあります。

「音量を絞る」「範囲/目標/的を絞る」「人数を絞る」など。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の意味の違い 【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。 【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。 「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。 「写す」は、物や文書など …

no image

「仕分け」と「仕訳」の違い

「仕分け」と「仕訳」の意味の違い 「仕分(け)」と「仕訳」は、どちらもシワケと読む語です。 【仕分(け)】 区分・分類する 【仕訳】 (簿記で)取引を勘定科目に分類すること どちらも、物事についての区 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …