紛らわしい語

「締める」と「絞める」の違い

投稿日:

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。

「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。

用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「ふんどしを締める」

「絞める」は、とくに首をしめる場合に用います。

用例:「自分の首を絞める」「絞め殺す」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「広告」と「公告」の違い

「広告」と「公告」の意味の違い 【広告】 ひろく世間に知らせる 【公告】 法令にもとづき一般に知らせる 「広告」と「公告」とは、どちらもコウコクと読む同音異義語です。 「広告」は、ひろく世間に知らせる …

no image

「主催」と「主宰」の違い

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。 「主催」は、催し物を行うことを意味します。 用例:「自治会主催のお祭り」「展覧会の主催者」 「主宰」は、上に立って物事を行うこと、またはそ …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「合う」「会う」「遭う」の違い

「合う」「会う」「遭う」の意味の違い 【合う】一致する、調和する 【会う】人と対面する、集まる 【遭う】好ましくないことを経験する 「合う」「会う」「遭う」は、いずれもアウと読む異字同訓の語です。 「 …

no image

「文書」と「文章」の違い

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと 文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの   「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子 …