紛らわしい語

「興業」と「興行」の違い

投稿日:

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。

「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。

用例:「殖産興業」「興業債券」

「興行」は、演芸・スポーツなどを催すこと、またはその催し物を意味します。

用例:「興行物(こうぎょうもの)」「興行場」「興行師〔=プロモーター〕」「興行価値」「地方興行」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …

no image

「探す」と「捜す」の違い

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。 「探す」は、欲しいものを追い求めるときに用います。 用例:「仕事を探す」「宿を探す」「新人を探す」「あらを探す」「宝探し」 「捜す」は、見え …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …