紛らわしい語

「興業」と「興行」の違い

投稿日:

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。

「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。

用例:「殖産興業」「興業債券」

「興行」は、演芸・スポーツなどを催すこと、またはその催し物を意味します。

用例:「興行物(こうぎょうもの)」「興行場」「興行師〔=プロモーター〕」「興行価値」「地方興行」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …

no image

「履く」と「穿く」の違い

「履く」と「穿く」の意味の違い 【履く】 足先につける 【穿く】 下半身に身につける 「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。 「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。 靴 …

no image

「速い」と「早い」の違い

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。 「速い」は、動作がすみやか・急である、進行に要する時間が短いという意味です。 用例:「足が速い」「流れが速い」「仕事が速い」「回転が速い」「 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …