紛らわしい語

「荒い」と「粗い」の違い

投稿日:

「荒い」と「粗い」の意味の違い

【荒い】 動きが激しい

【粗い】 細やかでない、おおざっぱ

「荒い」と「粗い」とは、どちらもアライと読む同訓異字の語です。

「荒い」は、動きが強く激しくて抑制がきかない、乱暴である状態・様子を意味します。

「粗い」は、粒や網の目が大きい・まばら、細部にまで注意が行き届いていないという意味です。対義語は「細かい」。

「荒い」の使用例

  • 波が荒い
  • 息づかいが荒い
  • 鼻息が荒い
  • 金遣いが荒い
  • 人使いが荒い
  • 荒い気性
  • 荒療治

「粗い」の使用例

  • 粒が粗い
  • 編み目の粗いセーター
  • 粗い手ざわりの布
  • きめが粗い
  • 仕事が粗い
  • 粗い計画
  • 粗く読む

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「写す」と「映す」の違い

「写す」と「映す」の意味の違い 【写す】 原物を忠実に再現する。コピー。 【映す】 光の反射で物の姿・形が見える。 「写す」と「映す」は、どちらもウツスと読む同音異義語です。 「写す」は、物や文書など …

no image

「検診」と「健診」の違い

「検診」と「健診」の意味の違い 【検診】 病気の有無を調べる 【健診】 健康状態を調べる 「検診」も「健診」も、ともにケンシンと読む同音異義語です。 「検診」は、特定の(部位の)病気が有るかどうかを調 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …