紛らわしい語

「要項」と「要綱」の違い

投稿日:

「要項」と「要綱」の意味の違い

【要項】 必要で大切な事柄

【要綱】 重要事項をまとめたもの

「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。

「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそれを書き表したものを意味します。

「要綱」は、要約した大綱という意味で、要点をまとめたものを意味する語です。

「要項」が細目的な事柄を列挙する場合に用いられるのに対し、「要綱」は大綱的(根本的)な事柄を要約する場合に用いられるという違いがあります。

「要項」の使用例

  • 募集要項
  • 入試要項
  • 要項を抜粋する。

「要綱」の使用例

  • 要綱を説明する。
  • 要綱がまとまる。
  • 設立要綱(設立趣意書)
  • 災害予防要綱(書類の表題)
  • 経済学要綱(本のタイトル)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「決済」と「決裁」の違い

「決済」と「決裁」は、ともにケッサイと読む同音異義語です。 「決済」は、金銭上の貸し借りにきまりをつけるという意味です。「清算」という語とほぼ同じ意味ですが、「清算」が帳簿上の残務処理というニュアンス …

no image

「特徴」と「特長」の違い

「特徴」と「特長」は、どちらもトクチョウと読む同音異義語です。 「特徴」は、ほかと比べて目立つ点を意味します。良い点も悪い点も両方含みます。 用例:「特徴のある声」「デザインが特徴的だ」「特徴づける」 …