紛らわしい語

「要項」と「要綱」の違い

投稿日:

「要項」と「要綱」の意味の違い

【要項】 必要で大切な事柄

【要綱】 重要事項をまとめたもの

「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。

「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそれを書き表したものを意味します。

「要綱」は、要約した大綱という意味で、要点をまとめたものを意味する語です。

「要項」が細目的な事柄を列挙する場合に用いられるのに対し、「要綱」は大綱的(根本的)な事柄を要約する場合に用いられるという違いがあります。

「要項」の使用例

  • 募集要項
  • 入試要項
  • 要項を抜粋する。

「要綱」の使用例

  • 要綱を説明する。
  • 要綱がまとまる。
  • 設立要綱(設立趣意書)
  • 災害予防要綱(書類の表題)
  • 経済学要綱(本のタイトル)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「整える(整う)」と「調える(調う)」の違い

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異義語です。 「整える(整う)」は、乱れたものをなおすという意味です。整理、整備、整列、整形など。 用例:「服装を整え …

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …