紛らわしい語

「観賞」「鑑賞」「感賞」の違い

投稿日:

「観賞」「鑑賞」「感賞」の意味の違い

【観賞】 自然の物をながめて楽しむ

【鑑賞】 芸術作品を味わう

【感賞】 感心してほめる

「観賞」「鑑賞」「感賞」は、それぞれカンショウと読む同音異義語です。

「観賞」は、動植物や風景など自然の物をながめてそのよさを楽しむという意味です。

「鑑賞」は、音楽や絵画、演劇などの芸術作品にふれてそのよさを味わうという意味です。

「感賞」は、感心してほめる、功績に対してほうびを与えるという意味です。

「観賞」の使用例

  • 庭園を観賞する
  • 観賞魚・観賞植物

「鑑賞」の使用例

  • 映画を鑑賞する
  • 演劇鑑賞会
  • 音楽鑑賞

「感賞」の使用例

  • 才識を感賞する
  • 感賞を授与する

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「締める」と「絞める」の違い

「締める」と「絞める」は、どちらもシメルと読む同訓異字語です。 「締める」は、ひもなどを固く結ぶ、ゆるまないようにするという意味です。 用例:「ネクタイを締める」「鍵を締める」「財布のひもを締める」「 …

no image

「遅れる」と「後れる」の違い

「遅れる」と「後れる」の意味の違い 【遅れる】 間に合わない、おそくなる 【後れる】 他のもののあとになる 「遅れる」も「後れる」も、ともにオクレルと読む同訓異字の語です。 「遅れる」は、決められた時 …

no image

「履く」と「穿く」の違い

「履く」と「穿く」の意味の違い 【履く】 足先につける 【穿く】 下半身に身につける 「履く」と「穿く」は、どちらもハクと読む同訓異字語です。 「履く」は、足先を保護する物をつけるという意味です。 靴 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「生む」と「産む」の違い

「生む」と「産む」の意味の違い 【生む】 新しく作り出す 【産む】 母体が子・卵を体外に出す 「生む」も「産む」も、どちらもウムと読む同訓異字の語です。 「生む」は、それまで無かったものを新たに作り出 …