紛らわしい語

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

投稿日:

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い

【課する(課す)】 義務を割り当てる

【科する(科す)】 刑罰を負わせる

「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓異字語です。

「課する」は、義務や負担を一方的に割り当てる、押し付けるという意味です。

「科する」は、法にもとづいて罰金や懲役などの刑罰を与えるという意味です。

「課する(課す)」の使用例

  • 宿題を課する(課す)
  • 任務を課する(課す)
  • 税金を課する(課す)

「科する(科す)」の使用例

  • 懲役を科する(科す)
  • 罰金を科する(科す)

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「改定」と「改訂」の違い

「改定」と「改訂」は、どちらもカイテイと読む同音異義語です。 「改定」は、従前のものを改めて決め直すことを意味します。 用例:「料金を改定する」「サービスの改定」「価格改定」 「改訂」は、文書の内容を …

no image

「意志」と「意思」の違い

「意志」と「意思」は、ともにイシと読む同音異義語です。 「意志」は、なにかをやり遂げよう、あるいはすまいとする気持ちを意味します。単なる考えや思いではなく、積極的な心のあり方を指します。「意志が強い〔 …

no image

「破断」と「破談」の違い

「破断」と「破談」の意味の違い 【破断】 金属製の物が断ち切れる。 【破談】 約束・縁談が取り消される。 「破断」も「破談」も、どちらもハダンと読む同音異義語です。 「破断」は、金属製の部品・材料が疲 …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …