紛らわしい語

「速い」と「早い」の違い

投稿日:

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。

「速い」は、動作がすみやか・急である、進行に要する時間が短いという意味です。

用例:「足が速い」「流れが速い」「仕事が速い」「回転が速い」「変わり身が速い」「速い動き」

「早い」は、時点・時刻が比較的前であることを意味します。

用例:「桜の開花が早い」「到着が二日早い」「早く起きる」「朝早い」「結婚はまだ早い」

 

たとえば、「電車が速い」だと、その電車の速度・スピードがすばやいことをあらわし、「電車が早い」だと、その電車の到着時刻などがいつもより前であることをあらわします。

 

「早口」「早変わり」「早道」「手早い」「素早い」などの語は、一般的に「早(い)」のほうを用いますが、意味的には「速(い)」のほうが適切であるとも言えるので、「早(い)」を「速(い)」に置き換えて表記することもできます。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「必至」と「必死」の違い

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。   「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です。 用例:「倒産は必至だ」 類語:必然   「必死」 …

no image

「遅れる」と「後れる」の違い

「遅れる」と「後れる」の意味の違い 【遅れる】 間に合わない、おそくなる 【後れる】 他のもののあとになる 「遅れる」も「後れる」も、ともにオクレルと読む同訓異字の語です。 「遅れる」は、決められた時 …

no image

「捌く」と「裁く」の違い

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。 「捌く」は、 手際よく処理するという意味です。 用例:「仕事を捌く」「在庫を捌く」「手綱を捌く」「鳥を捌く」「ハンドル捌き」 「裁く」は、善 …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「即断」と「速断」の違い

「即断」と「速断」の意味の違い 【即断】 その場ですぐ決める 【速断】 急いで決める 「即断」と「速断」は、どちらもソクダンと読む同音異義語です。 「即断」は、その場ですぐに判断を下す意味です。 「速 …