紛らわしい語

「速い」と「早い」の違い

投稿日:

「速い」と「早い」は、どちらもハヤイと読む同音異義語です。

「速い」は、動作がすみやか・急である、進行に要する時間が短いという意味です。

用例:「足が速い」「流れが速い」「仕事が速い」「回転が速い」「変わり身が速い」「速い動き」

「早い」は、時点・時刻が比較的前であることを意味します。

用例:「桜の開花が早い」「到着が二日早い」「早く起きる」「朝早い」「結婚はまだ早い」

 

たとえば、「電車が速い」だと、その電車の速度・スピードがすばやいことをあらわし、「電車が早い」だと、その電車の到着時刻などがいつもより前であることをあらわします。

 

「早口」「早変わり」「早道」「手早い」「素早い」などの語は、一般的に「早(い)」のほうを用いますが、意味的には「速(い)」のほうが適切であるとも言えるので、「早(い)」を「速(い)」に置き換えて表記することもできます。

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「要項」と「要綱」の違い

「要項」と「要綱」の意味の違い 【要項】 必要で大切な事柄 【要綱】 重要事項をまとめたもの 「要項」と「要綱」は、どちらもヨウコウと読む同音異義語です。 「要項」は、必要な項目や大切な事柄、またはそ …

no image

「異常」と「異状」の違い

「異常」と「異状」は、ともにイジョウと読む語です。 「異常」も「異状」も、どちらもふつうではない様子・状態を意味しますが、「異常」のほうが一般的に用いられ、「異状」のほうは限定的に用いられます。 「異 …

no image

「用件」と「要件」の違い

「用件」と「要件」は、ともにヨウケンと読む同音異義語です。 「用件」は、なすべき事柄という意味です。「用件を聞く〔伝える〕」「用件に入る」「ご用件」などのように使います。類義語として「用事・用向き」な …

no image

「課する(課す)」と「科する(科す)」の違い

「課する(課す)」と「科する(科す)」の意味の違い 【課する(課す)】 義務を割り当てる 【科する(科す)】 刑罰を負わせる 「課する(課す)」と「科する(科す)」は、どちらもカスル(カス)と読む同訓 …

no image

「技」と「業」の違い

「技」と「業」の意味の違い 【技】 技術、腕前 【業】 行い、仕事 「技」と「業」は、どちらもワザと読む同音異義語です。 「技」は、物事を行うための方法であって、とくに修練を積むことによって得られる技 …