紛らわしい語

「適用」と「摘要」の違い

投稿日:

「適用」と「摘要」の意味の違い

【適用】 当てはめて用いる。

【摘要】 要点の抜き書き。

「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。

「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当てはめて処置を講ずること。

「摘要」は、重要な点をかい摘まむこと、またはその抜き書き。

「適用」の使用例

  • 適用を受ける
  • 適用を誤る
  • 労働基準法を適用する
  • 改正運賃が適用される
  • 適用事業所

「摘要」の使用例

  • 摘要欄
  • 内容を摘要する
  • 法案の摘要

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「同志」と「同士」の違い

「同志」と「同士」の意味の違い 【同志】 同じ理想・目的を持つ人 【同士】 同じ仲間・種類 「同志」と「同士」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。 「同志」は、同じ理想・目的や主義・主張を持つ人を …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「基準」と「規格」の違い

「基準(きじゅん)」は、最低限それを満たさなければいけないとされる決まりを意味します。各種基準は、法令などの形で制定されます。 「労働基準」「建設基準」「騒音基準」「安全基準」など。 「規格(きかく) …