紛らわしい語

「適用」と「摘要」の違い

投稿日:

「適用」と「摘要」の意味の違い

【適用】 当てはめて用いる。

【摘要】 要点の抜き書き。

「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。

「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当てはめて処置を講ずること。

「摘要」は、重要な点をかい摘まむこと、またはその抜き書き。

「適用」の使用例

  • 適用を受ける
  • 適用を誤る
  • 労働基準法を適用する
  • 改正運賃が適用される
  • 適用事業所

「摘要」の使用例

  • 摘要欄
  • 内容を摘要する
  • 法案の摘要

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「興業」と「興行」の違い

「興業」と「興行」は、どちらもコウギョウと読む同音異義語です。 「興業」は、産業を盛んにすることを意味します。「興す(おこす)」は、盛んにするという意味です。 用例:「殖産興業」「興業債券」 「興行」 …

no image

「疑・擬・凝」の違い

「疑(ギ)」は、うたがう、うたがわしいという意味をあらわします。 熟語として、「疑惑・疑義・疑心・疑問・疑念・疑心暗鬼・嫌疑・容疑・質疑・懐疑・猜疑(さいぎ)・半信半疑」などがあります。 「疑」には、 …

no image

「時期」「時季」「時期」の違い

「時期」「時季」「時機」の意味の違い 【時期】 時、期間 【時季】 季節、シーズン 【時機】 機会、チャンス 「時期」「時季」「時機」は、いずれもジキと読む同音異義語です。 「時期」は、何かをするため …

no image

「即する」と「則する」の違い

「即する」と「則する」は、ともにソクスルと読む同音異義語です。   「即する」は、現実の事態に合わせる、適合するという意味で用います。 理論やたてまえといったものにとらわれることなく、その時 …

no image

「仮装」と「仮想」の違い

「仮装」と「仮想」の意味の違い 【仮装】 奇抜な姿を装うこと。 【仮想】 仮に想定すること。 「仮装」と「仮想」は、どちらもカソウと読む同音異義語です。 「仮装」は、余興・遊びで奇抜な扮装(ふんそう) …