紛らわしい語

「適用」と「摘要」の違い

投稿日:

「適用」と「摘要」の意味の違い

【適用】 当てはめて用いる。

【摘要】 要点の抜き書き。

「適用」と「摘要」とは、ともにテキヨウと読む同音異義語です。

「適用」は、ある事柄に対して法律・規則などを当てはめて処置を講ずること。

「摘要」は、重要な点をかい摘まむこと、またはその抜き書き。

「適用」の使用例

  • 適用を受ける
  • 適用を誤る
  • 労働基準法を適用する
  • 改正運賃が適用される
  • 適用事業所

「摘要」の使用例

  • 摘要欄
  • 内容を摘要する
  • 法案の摘要

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「現状」と「原状」の違い

「現状」と「原状」は、ともにゲンジョウと読む同音異義語です。 「現状」は、現在の状態を意味します。「現状を踏まえる」「現状に即する」「現状にあきたりない」「現状に甘える」「現状維持」「現状打開〔打破〕 …

no image

「努める」「務める」「勤める」の違い

「努める」「務める」「勤める」の意味の違い 【努める】 努力する 【務める】 任務を果たす 【勤める】 勤務する 「努める」「務める」「勤める」は、それぞれツトメルと読む異字同訓の語です。 「努める」 …

no image

「施工」と「施行」の違い

「施工」と「施行」の意味の違い 【施工】 工事を実際に行う 【施行】 法令の効力を発生させる 「施工」と「施行」は、ともにセコウあるいはシコウと読む同音異義語です。 「施工」は、工事や建築を実際に行う …

no image

「不審」と「不信」の違い

「不審」と「不信」の意味の違い 【不審】 疑わしい 【不信】 信用しない 「不審」も「不信」も、どちらもフシンと読む同音異義語です。 「不審」は、疑わしい、あやしいと思うこと(さま)を意味します。 「 …

no image

「異義」と「異議」の違い

「異義」と「異議」は、どちらもイギと読むが意味が異なる同音異義語です。 「異義」は、意味が違うことをあらわします。「異」は違うこと、「義」は意味という意味です。対義語は「同義」。 「異議」は、反対の意 …