紛らわしい語

「配付」と「配布」の違い

投稿日:

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。

「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。「付」は、手渡しするという意味。

用例:「資料の配付」「問題用紙を配付する」

「配布」は、一般の人々に広く配ることを意味します。「布」は、広い範囲に行き渡らせるという意味。

用例:「ビラを配布する」

 

もう一つ同じ同音異義語として「配賦」があります。これは、割り当てるという意味です。

用例:「間接費を配賦する」

-紛らわしい語
-

執筆者:

関連記事

no image

「文書」と「文章」の違い

文書(ぶんしょ):文字を書き記した媒体のこと 文章(ぶんしょう):文を連ねて、まとまった内容をあらわしたもの   「文書」は、情報の媒体となる物ですが、紙に文字を記したものだけではなく、電子 …

no image

「渇く」と「乾く」の違い

「渇く」と「乾く」は、どちらもカワクと読む同音異義語です。 「渇く」は、水分がほしい状態を意味します。 用例:「のどが渇く」「愛情の渇き」 「乾く」は、水分がなくなることを意味します。対義語は「湿る」 …

no image

「勧める」と「薦める」の違い

「勧(すす)める」は、あることをするように相手に説く、そうするように促すという意味をあらわします。「奨(すす)める」という語も同じ意味です。 「薦(すす)める」は、ある人・物が相手の求めにふさわしいと …

no image

「発行」と「発効」の違い

「発行」と「発効」の意味の違い 【発行】 印刷する、作る 【発効】 効力が発生する 「発行」と「発効」は、どちらもハッコウと読む同音異義語です。 「発行」は、図書や新聞などを印刷して世に出す、あるいは …

no image

「施工」と「施行」の違い

「施工」と「施行」の意味の違い 【施工】 工事を実際に行う 【施行】 法令の効力を発生させる 「施工」と「施行」は、ともにセコウあるいはシコウと読む同音異義語です。 「施工」は、工事や建築を実際に行う …