難語

「吝嗇」とは

投稿日:2017年1月9日 更新日:

吝嗇」という語は、リンショクと読み、金品をつかうことを極端に惜しむこと(様子)をあらわします。「けち」と同義です。

「吝嗇」と似たような意味の語に「倹約」「節約」があります。「倹約」「節約」は、無駄を省いて切り詰めるという意味であり、ふつう美徳とされます。それに対して、「吝嗇」のほうは、行き過ぎた物惜しみであって、好ましくないものとされています。

用例:「吝嗇漢」(=けちな男)「吝嗇家」「貪欲吝嗇」

「平生人には吝嗇と言われるほどの、倹約な生活をしていて、衣類は自分が役目のために着るもののほか、寝巻しかこしらえぬくらいにしている」(森鴎外『高瀬舟』)

類語:貪欲、貪婪(どんらん・たんらん)、強欲、欲張り、欲深、一文惜しみ

-難語

執筆者:

関連記事

no image

「逍遥」とは

「逍遥」という語は、ショウヨウと読み、気の向くままにそこここを歩くという意味をあらわします。 気分転換のためにぶらぶらと庭園などを歩きまわるという意味で、「散歩」と同義です。やむをえずにあちこちを放浪 …

no image

「奇禍」とは

「奇禍」という語は、キカと読み、思いがけない災難という意味をあらわします。「奇」は「思いがけない」、「禍」は「わざわい」という意味です。 同音の語に「奇貨」がありますが、こちらは思いがけない利益という …

no image

「進捗」とは

「進捗」という語は、シンチョクと読み、物事がはかどるという意味をあらわします。「捗」は、「はかどる」という意味です。ビジネスの場面でよく用いられる語です。 「進歩」という語と形も意味もよく似ていますが …

no image

「剽窃」とは

「剽窃」 読み:ひょうせつ 意味:他人の著作物を自分の著作物(の一部)として発表すること 用例: 「大文豪などはほとんど大剽窃家である」(寺田寅彦「空想日録」)

no image

「慫慂」とは

「慫慂」という語は、ショウヨウと読み、他人がその行為をするように強く勧めることを意味します。「慫」も「慂」も、「すすめる」とい意味です。 「そうすることがあなたのためである」というニュアンスを含みます …