難語

「奇禍」とは

投稿日:2017年1月9日 更新日:

奇禍」という語は、キカと読み、思いがけない災難という意味をあらわします。「奇」は「思いがけない」、「禍」は「わざわい」という意味です。

同音の語に「奇貨」がありますが、こちらは思いがけない利益という意味ですので、混同しないように注意しましょう。「奇禍として」という表現はまちがいです。

ちなみに、思いがけない幸運をあらわすときは、「僥倖(ぎょうこう)」という語を用います。

用例:「奇禍に遭う」

「奇禍に遭って、都督の病は重態におちいった」(吉川英治『三国志』)

類語:横災(おうさい)、変災(へんさい)

-難語

執筆者:

関連記事

no image

「彙報」とは

「彙報」という語は、イホウと読み、種類別に分類してまとめた報告(報告書)を意味します。「彙」は、「集める」という意味です。 用例:「研究所彙報」「彙報欄」 類語:雑報

no image

「忖度」とは

「忖度」という語は、ソンタクと読み、他人の心情をおしはかるという意味をあらわします。「忖」も「度」も、「はかる」という意味です。 おしはかるのは人の心情・気持ちであって、それ以外の物事には用いません。 …

no image

「進捗」とは

「進捗」という語は、シンチョクと読み、物事がはかどるという意味をあらわします。「捗」は、「はかどる」という意味です。ビジネスの場面でよく用いられる語です。 「進歩」という語と形も意味もよく似ていますが …

no image

「僥倖」とは

「僥倖」という語は、ギョウコウと読み、思いがけない幸運という意味をあらわします。「僥」は「もとめる」、「倖」は「思いがけないしあわせ」という意味です。 用例:「僥倖に恵まれる」「僥倖をたのむ」「僥倖を …

no image

「吝嗇」とは

「吝嗇」という語は、リンショクと読み、金品をつかうことを極端に惜しむこと(様子)をあらわします。「けち」と同義です。 「吝嗇」と似たような意味の語に「倹約」「節約」があります。「倹約」「節約」は、無駄 …