難語

「愁嘆」とは

投稿日:2017年1月15日 更新日:

愁嘆」という語は、シュウタンと読み、嘆き(なげき)悲しむという意味をあらわします。「愁」は「うれえる、悲しむ」という意味です。「愁歎」とも書きます。

用例:「友の突然の死に愁嘆する」「愁嘆場(しゅうたんば)」(=悲劇的な場面)

「小園が誰よりも一番激しい愁嘆を示した」(牧野信一『淡雪』)

類語:悲愁(ひしゅう)

-難語

執筆者:

関連記事

no image

「彙報」とは

「彙報」という語は、イホウと読み、種類別に分類してまとめた報告(報告書)を意味します。「彙」は、「集める」という意味です。 用例:「研究所彙報」「彙報欄」 類語:雑報

no image

「逍遥」とは

「逍遥」という語は、ショウヨウと読み、気の向くままにそこここを歩くという意味をあらわします。 気分転換のためにぶらぶらと庭園などを歩きまわるという意味で、「散歩」と同義です。やむをえずにあちこちを放浪 …

no image

「奇禍」とは

「奇禍」という語は、キカと読み、思いがけない災難という意味をあらわします。「奇」は「思いがけない」、「禍」は「わざわい」という意味です。 同音の語に「奇貨」がありますが、こちらは思いがけない利益という …

no image

「進捗」とは

「進捗」という語は、シンチョクと読み、物事がはかどるという意味をあらわします。「捗」は、「はかどる」という意味です。ビジネスの場面でよく用いられる語です。 「進歩」という語と形も意味もよく似ていますが …

no image

「剽窃」とは

「剽窃」 読み:ひょうせつ 意味:他人の著作物を自分の著作物(の一部)として発表すること 用例: 「大文豪などはほとんど大剽窃家である」(寺田寅彦「空想日録」)