難語

「慫慂」とは

投稿日:2017年1月9日 更新日:

慫慂」という語は、ショウヨウと読み、他人がその行為をするように強く勧めることを意味します。「慫」も「慂」も、「すすめる」とい意味です。

「そうすることがあなたのためである」というニュアンスを含みます。

用例:「出馬を慫慂する」「修正申告の慫慂」

「小説と名はついても、文学だの芸術だのと面倒なことは云わず、最高級の娯楽品として、多くの頭脳優秀な人たちが、謎ときゲームのたのしさを愛されるよう慫慂してやまないものである」(坂口安吾『推理小説論』)

類語:勧奨(かんしょう)、奨励

-難語

執筆者:

関連記事

no image

「奇禍」とは

「奇禍」という語は、キカと読み、思いがけない災難という意味をあらわします。「奇」は「思いがけない」、「禍」は「わざわい」という意味です。 同音の語に「奇貨」がありますが、こちらは思いがけない利益という …

no image

「愁嘆」とは

「愁嘆」という語は、シュウタンと読み、嘆き(なげき)悲しむという意味をあらわします。「愁」は「うれえる、悲しむ」という意味です。「愁歎」とも書きます。 用例:「友の突然の死に愁嘆する」「愁嘆場(しゅう …

no image

「逍遥」とは

「逍遥」という語は、ショウヨウと読み、気の向くままにそこここを歩くという意味をあらわします。 気分転換のためにぶらぶらと庭園などを歩きまわるという意味で、「散歩」と同義です。やむをえずにあちこちを放浪 …

no image

「僥倖」とは

「僥倖」という語は、ギョウコウと読み、思いがけない幸運という意味をあらわします。「僥」は「もとめる」、「倖」は「思いがけないしあわせ」という意味です。 用例:「僥倖に恵まれる」「僥倖をたのむ」「僥倖を …

no image

「忖度」とは

「忖度」という語は、ソンタクと読み、他人の心情をおしはかるという意味をあらわします。「忖」も「度」も、「はかる」という意味です。 おしはかるのは人の心情・気持ちであって、それ以外の物事には用いません。 …