難語

「進捗」とは

投稿日:2017年1月15日 更新日:

進捗」という語は、シンチョクと読み、物事がはかどるという意味をあらわします。「捗」は、「はかどる」という意味です。ビジネスの場面でよく用いられる語です。

「進歩」という語と形も意味もよく似ていますが、「進歩」のほうは物事がよい方に向かうというニュアンスを含むのに対し、「進捗」のほうはかならずしもそのような意味を含んで用いられるとはかぎりません。

用例:「作業が進捗する」「進捗を促す」「進捗が悪い」「工事の進捗状況」「進捗具合」「進捗管理」「進捗報告」「進捗率」

「他人の準備が進捗しないのを聞くのは、心の中で何となく愉快だつた」(久米正雄『受験生の手記』)

類語:進行、前進

-難語

執筆者:

関連記事

no image

「吝嗇」とは

「吝嗇」という語は、リンショクと読み、金品をつかうことを極端に惜しむこと(様子)をあらわします。「けち」と同義です。 「吝嗇」と似たような意味の語に「倹約」「節約」があります。「倹約」「節約」は、無駄 …

no image

「彙報」とは

「彙報」という語は、イホウと読み、種類別に分類してまとめた報告(報告書)を意味します。「彙」は、「集める」という意味です。 用例:「研究所彙報」「彙報欄」 類語:雑報

no image

「慫慂」とは

「慫慂」という語は、ショウヨウと読み、他人がその行為をするように強く勧めることを意味します。「慫」も「慂」も、「すすめる」とい意味です。 「そうすることがあなたのためである」というニュアンスを含みます …

no image

「奇禍」とは

「奇禍」という語は、キカと読み、思いがけない災難という意味をあらわします。「奇」は「思いがけない」、「禍」は「わざわい」という意味です。 同音の語に「奇貨」がありますが、こちらは思いがけない利益という …

no image

「忖度」とは

「忖度」という語は、ソンタクと読み、他人の心情をおしはかるという意味をあらわします。「忖」も「度」も、「はかる」という意味です。 おしはかるのは人の心情・気持ちであって、それ以外の物事には用いません。 …