「 紛らわしい語 」 一覧

no image

「分かれる」と「別れる」の違い

2019/01/08   -紛らわしい語
 

「分かれる」と「別れる」の意味の違い 【分かれる】一緒のものが別々になる 【別れる】人と人とが離れる 「分かれる」と「別れる」は、どちらもワカレルと読む異字同訓の語です。 「分かれる」は、一緒だったも …

no image

「移動」と「異動」の違い

2019/01/07   -紛らわしい語
 

「移動」と「異動」の意味の違い 【移動】位置が変わる 【異動】職務・地位が変わる 「移動」と「異動」は、ともにイドウと読む同音異義語です。 「移動」は、そのものの存在する位置が変わること、位置を変える …

no image

「次ぐ」と「継ぐ」の違い

2019/01/06   -紛らわしい語
 

「次ぐ」と「継ぐ」の意味の違い 【次ぐ】すぐあとに続く 【継ぐ】前者のあとを受ける 「次ぐ」も「継ぐ」も、どちらもツグと読む異字同訓の語です。 「次ぐ」は、時間的にすぐあとに続いて起こることや、なにか …

no image

「割く」と「裂く」の違い

2019/01/05   -紛らわしい語
 

「割く」と「裂く」の意味の違い 【割く】割りあてる 【裂く】二つに分ける 「割く」と「裂く」は、ともにサクと読む異字同訓の語です。 「割く」は、あるものの一部を分けて与える、割りあてるという意味です。 …

no image

「表す」「現す」「著す」の違い

2019/01/05   -紛らわしい語
 

「表す」「現す」「著す」の意味の違い 【表す】感情をおもてに出す、思考を示す 【現す】隠れていたものを見せる 【著す】本を書いて出す 「表す」「現す」「著す」は、いずれもアラワスと読む異字同訓の語です …

no image

「主旨」と「趣旨」の違い

「主旨」と「趣旨」の意味の違い 【主旨】中心的な意味・内容 【趣旨】何かをするときの考え方、目的・理由 「主旨」も「趣旨」も、ともにシュシと読む同音異義語です。 「主旨」は、文章や談話などの中心となる …

no image

「所用」と「所要」の違い

2019/01/03   -紛らわしい語
 

「所用」と「所要」の意味の違い 【所用】用事 【所要】必要とすること 「所用」も「所要」も、どちらもショヨウと読む同音異義語です。 「所用」は、用事・用件の意味をあらわします。誰かが用いることという意 …

no image

「耐える」と「堪える」の使い分け

「耐える」と「堪える」の意味の違い 【耐える】我慢する、持ちこたえる 【堪える】対処できる、値する 「耐える」も「堪える」も、どちらもタエルと読む異字同訓の語です。 「耐える」は、辛さ・苦しみを我慢す …

no image

「既成」と「既製」の違い

2019/01/02   -紛らわしい語
 

「既成」と「既製」の意味の違い 【既成】事柄がすでに存在している 【既製】品物がすでに仕上がっている 「既成」と「既製」は、ともにキセイと読む同音異義語です。 「既成」は、事柄がすでに出来上がっていて …

no image

「保障」「保証」「補償」の違い

2018/12/31   -紛らわしい語
 

「保障」「保証」「補償」の意味の違い 【保障】侵害から守る 【保証】確かだと請け合う 【補償】損害をつぐなう 「保障」「保証」「補償」は、いずれもホショウと読む同音異義語です。 「保障」は、権利や自由 …