カタカナ語ビジネス

「プラットフォーム」の意味

【プラットフォーム】環境、基盤(きばん)

「プラットフォーム」(英platform)は、高くて平らな場所(壇、台)が原義であり、そこから、駅で客が乗り降りしたり、荷の積み下ろしをする場所や演壇、厚 ...

紛らわしい語同音異義

「不要」と「不用」の意味の違い

【不要】必要でない

【不用】使わない、役に立たない

「不要」も「不用」も、ともにフヨウと読む同音異義語です。

「不要」は、要らないことを意味します。対義語は、「必要(ひ ...

紛らわしい語

「修業」と「修行」の意味の違い

【修業(しゅうぎょう)】学芸を習い修める

【修行(しゅぎょう)】仏道を修める

「修業」は、シュウギョウと読み、学校などで決まった教育を受けることによって学術・技芸を身に着けることを ...

カタカナ語

「チュートリアル」の意味

【チュートリアル】操作方法を学べる教材

「チュートリアル」の原語tutorialは、本来、個別指導、家庭教師といった意味をもつことばです。

日本語で「チュートリアル」という場合は、IT機 ...

カタカナ語ビジネス

「スペック」の意味

【スペック】性能、仕様

「スペック」は、英語のspec(specificationの略)で、性能、仕様などと訳されます。

工業製品や電化製品について用いられることばであって、製品のいろいろな要 ...

カタカナ語ビジネス

「スキーム」の意味

【スキーム】体系だった計画、枠組み

「スキーム」は、英語のschemeで、計画、体系などと訳されます。

単なる計画とは異なり、体系やしくみ、枠組みをともなった完成度の高い計画を意味します。また ...

カタカナ語ビジネス

「シュリンク」の意味

【シュリンク】縮小する

「シュリンク」は、英語のshrink(縮む)からきています。

日本語のカタカナで用いられるときは、規模や数量が縮小するという意味を表すのが一般です。とくに経済・ビジネ ...

カタカナ語

「シニカル」の意味

【シニカル】 皮肉な、冷笑的な

「シニカル」は、英語cynicalから来たカタカナ語です。「シニック(cynic)」と表現するときもあります。

人の態度や発言に皮肉(嫌味)がこもっていたり、冷 ...

カタカナ語

「モジュール」の意味

【モジュール】交換可能な構成部分・単位

「モジュール」の原語moduleは、基準寸法、基準単位を意味します。

カタカナ語で用いられる場合には、一定の基準にもとづいてつくられた独立性が高い構成 ...

カタカナ語ビジネス

「ダイバーシティ」の意味

【ダイバーシティ】多様な人材の活用

「ダイバーシティ」の原語diversityは、多様性を意味する英語です。

ビジネスの場面で用いられるときは、性別、国籍、年齢、経歴などの多様性を企業が ...