紛らわしい語同音異義語

「主催」と「主宰」の意味の違い

【主催】中心となって事を催す

【主宰】上に立って支配する(人)

「主催」と「主宰」は、どちらもシュサイと読む同音異義語です。

「主催」は、中心となって催(もよお)し物を ...

紛らわしい語同音異義語

「配付」と「配布」の意味の違い

【配付】関係者にわたす

【配布】一般の人々に配る

「配付」と「配布」は、いずれもハイフと読む同音異義語です。

「配付」は、関係する人の一人ひとりに渡すことを意味します。 ...

紛らわしい語同音異義語

「整える(整う)」と「調える(調う)」の意味の違い

【整える(整う)】乱れたものをなおす

【調える(調う)】用意する、まとめる

「整える(整う)」と「調える(調う)」は、どちらもトトノエル(トトノウ)と読む同音異 ...

紛らわしい語同音異義語

「必至」と「必死」の意味の違い

【必至】必ずそうなる

【必死】全力を尽くす

「必至」と「必死」は、ともにヒッシと読む同音異義語です。

「必至」は、必ずそうなる、そうなることは避けられないという意味です ...

紛らわしい語同音異義語

「排出」と「輩出」の意味の違い

【排出】不要な物を外へ出す

【輩出】すぐれた人を世に出す

「排出」と「輩出」とは、どちらもハイシュツと読む同音異義語です。

「排出」は、内部にある不要な物を外へ押し出す ...

難語

「剽窃」

読み:ひょうせつ

意味:他人の著作物を自分の著作物(の一部)として発表すること

用例:

「大文豪などはほとんど大剽窃家である」(寺田寅彦「空想日録」)

紛らわしい語同音異義語

「同士」と「同志」の意味の違い

【同士】同じ種類・仲間

【同志】同じ主義主張をもつ人

「同士」と「同志」は、どちらもドウシと読む同音異義語です。

「同士」は、同じ種類・性質であること・仲間を意味します ...

未分類ことば

「木偶の坊(でくのぼう)」は、人の言うとおりに動くことしかできず、自分ではなにもできない人間、役に立たない人間のことを意味します。

侮蔑の意味が込められていて、相手をののしるときに用いられたりします。「このでくの坊め」

紛らわしい語異字同訓語

「探す」と「捜す」の意味の違い

【探す】欲しいものを追い求める

【捜す】見えなくなったものを調べる

「探す」と「捜す」は、どちらもサガスと読む異字同訓語です。

「探す」は、欲しいものを追い求めるときに ...

紛らわしい語異字同訓語

「捌く」と「裁く」の意味の違い

【捌く】手際よく処理する

【裁く】判断を下す

「捌く」と「裁く」は、どちらもサバクと読む異字同訓語です。

「捌く」は、手際よく処理するという意味です。

「裁 ...