紛らわしい語異字同訓

「上がる/上げる」「揚がる/揚げる」「挙がる/挙げる」の意味の違い

【上がる/上げる】(一般的)位置・程度が高くなる、終わる

【揚がる/揚げる】空中に浮かぶ、油で調理する

【挙がる/挙げる】はっきり示す、こぞって ...

四字熟語

「悠悠自適(悠々自適)」の意味

悠悠自適(悠々自適)

読み:ゆうゆうじてき

意味:世間から離れて思うままに暮らすこと

「悠悠(悠々)」は、ゆったりとして落ち着いているさま。「自適」は、なにものにも束縛 ...

四字熟語

「我田引水」の意味

我田引水

読み:がでんいんすい

意味:自分に都合のよいようにする

「我田」は自分の田んぼ、「引水」は水を引くことを表します。

水が不足してみんなが困っているときに自分の ...

紛らわしい語異字同訓

「値」と「価」の意味の違い

【値】ねうち、数値

【価】価格・値段

「値」と「価」は、ともにアタイと読む異字同訓の語です。

「値」は、値打ち・価値を意味する語です。

計算や測定によって得られ ...

紛らわしい語異字同訓

「返る/返す」と「帰る/帰す」の意味の違い

【返る/返す】向きが逆になる、元の持ち主や状態に戻る

【帰る/帰す】本来の場所に戻る

「返る/返す」と「帰る/帰す」は、いずれもカエル/カエスと読む異字同訓の語です。

四字熟語

「一日千秋」の意味

一日千秋

読み:いちじつせんしゅう(いちにちせんしゅう)

意味:待ち遠しいこと

「秋」は年の意味で、「千秋」は千年の意味です。

「一日」が千年に思われるということ。

四字熟語

「一言半句」の意味

一言半句

読み:いちごんはんく

意味:ほんのわずかな言葉

「一言」は一つのことば、「半句」は一句の半分で短い言葉の意味。

つまり、ほんのわずかの言葉という意味を表します ...

四字熟語

「針小棒大」の意味

針小棒大

読み:しんしょうぼうだい

意味:物事を大げさに言うこと

「針(はり)」は、「棒(ぼう)」にくらべて非常に小さい物です。

その針のように小さな物事を、まるで棒の ...

ことわざ

「情けは人の為ならず」の意味

情(なさ)けは人(ひと)の為(ため)ならず

他人に情けをかけておくと、めぐりめぐって自分のためになる。

「人の為ならず」は、「人のためではなく自分のためである」と理解します。 ...

紛らわしい語異字同訓

「張る」と「貼る」の意味の違い

【張る】伸ばし広げる、引き締まる、押し通す

【貼る】平たいものを接着させる

「張る」と「貼る」は、どちらもハルと訓読みする異字同訓の語です。

「張る」は、意味が豊富な語 ...