四字熟語

四字熟語

感慨無量(かんがいむりょう)

「感慨無量」の意味 感慨無量 読み:かんがいむりょう 意味:言葉で言い尽くせないほど深く感じること 「感慨」は、心に深く感じてしみじみとした気持ちになること。 「無量」は、はかり知れないくらいの量のこと。 ...
四字熟語

画竜点睛(がりょうてんせい)

「画竜点睛」の意味 画竜点睛 読み:がりょうてんせい(がりゅうてんせい) 意味:物事の大切な部分、最後の仕上げ 中国の故事に由来する四字熟語です。 昔、梁(りょう)の画家が寺の壁画に竜を描いた。しかし、ひと...
四字熟語

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

「臥薪嘗胆」の意味 臥薪嘗胆 読み:がしんしょうたん 意味:目的達成のために苦しい努力を続けること 中国の故事(『史記』)に由来することばです。 古代中国の春秋時代、呉王の夫差(ふさ)は、毎晩薪(たきぎ)の...
四字熟語

音信不通(おんしんふつう)

「音信不通」の意味 音信不通 読み:おんしんふつう 意味:連絡がまったくなくなること 「音信(おんしん、いんしん)」は、手紙・電話などによって知らせること。 「不通」は、連絡が取れなくなること。 つまり...
四字熟語

傍目八目(岡目八目)(おかめはちもく)

「傍目八目(岡目八目)」の意味 傍目八目(岡目八目) 読み:おかめはちもく 意味:第三者のほうが的確に判断できること 「傍目」は、傍(そば)にいて見ること。 「八目」は、囲碁で八目まで先という意味。 「...
四字熟語

黄金時代(おうごんじだい)

「黄金時代」の意味 黄金時代 読み:おうごんじだい 意味:あるものが最も栄えた時代 「黄金」は、ここでは優れていることや価値があることのたとえ。 つまり、ある組織や人、文化、産業などが最も繁栄した時代、最盛期...
四字熟語

得手勝手(えてかって)

「得手勝手」の意味 得手勝手 読み:えてかって 意味:他人の迷惑を考えずに自分に都合よくふるまうこと 他人の迷惑をかえりみずに、自分の都合のよいように行動する・ふるまうことを表します。 「得手勝手」の使い方 ...
四字熟語

栄枯盛衰(えいこせいすい)

「栄枯盛衰」の意味 栄枯盛衰 読み:えいこせいすい 意味:栄えたり衰えたりすること 「栄枯」は、栄えることと枯れること。 「盛衰」は、盛んになることと衰えること。 つまり、物事には栄えたり衰えたりするこ...
四字熟語

右往左往(うおうさおう)

「右往左往」の意味 右往左往 読み:うおうさおう 意味:うろたえてあちこち動き回ること 「往」は行くという意味で、右へ行ったり左へ行ったりするという意味になります。 そこから、(多くのものが)うろたえてあっち...
四字熟語

意味深長(いみしんちょう)

「意味深長」の意味 意味深長 読み:いみしんちょう 意味:言葉などの裏に隠れた意味があること 「深長」は、(意味が)深くて含みがあるという意味。 つまり、言葉や表情のなかに表面上の意味だけでなく、別の意味が隠...
タイトルとURLをコピーしました